ナースシューズの臭いを消す7つの方法と洗い方

青い海と白い砂浜
スポンサーリンク




ナースシューズ。臭いの原因は雑菌が繁殖しているから!

ナースシューズの雑菌が繁殖する理由

「雑菌」というと何かとても汚い印象を受けるものですが、普通に身体の表面にたくさん存在します。わたし達の身体にも常に存在することから「常在菌」と呼ばれています。

当然、普段から履いているナースシューズやナースサンダルにも、その常在菌は存在しています。でも雑菌だからといって、常在菌がすべて悪いわけではありません。常在菌には、わたし達の身体を保護して守ってくれている作用もあるためです。

しかし、そんな常在菌も増殖したら、悪影響を及ぼし始めます。ようはバランスが大切で、増えすぎた雑菌は悪臭に変わります。

汗をかいて身体が少し臭い始めるのと同じで、ナースシューズも臭いを発するわけです。その原因となるのは以下の3つです。

1  湿度が高い
2 温度が高い

3 雑菌にとっての栄養である「汗」をかく

この3つの条件が揃うのが「夏」です。

日本の夏は高温多湿なため、室内にいても湿度は高い場合があります。

また、看護師のように一日中、歩き回るような仕事をしていると相当な汗もかきます。そのため、ナースシューズは臭いが発生する条件が整っており、なおかつ夏ともなれば環境が最悪の状態になります。

雑菌というのはザックリ言うと汗が栄養分なので、ナースシューズは絶好の住処ということになるんです。

これは衛生的にも看護師にとっては問題です。

白衣にしてもナースシューズにしても白いものが多いため、使い古したシューズやサンダルは汚れも目立ちます。

定期的に買い換えたり、メンテナンスをしなければ、シューズはどんどん非衛生的になっていくのです。

スポンサーリンク

ナースシューズの臭いを消す7つの方法

ナースシューズは毎日使用するものだけに、なかなかメンテナンスが大変です。もうとにかく履きつぶすまでは、そのままメンテナンスをせずに履き続けるという場合も多いでしょう。

看護師は平均して半年から1年くらいのサイクルで、シューズやサンダルを買い換えるといわれています。看護師の業務は基本的に立ち仕事ですので、シューズの劣化は早いですよね。

可能であれば2足以上のシューズを日ごとに履き替えてるとシューズは長持ちしますし、メンテナンスもしやすいです。

いずれにしても日々の業務で履くものですので、できる限り頻繁にメンテナンスをしましょう。

以下に消臭に役立つ7つの方法を紹介していきます。

① 晴れている昼間に天日干しにしておく

太陽からの日光

天日干しをすることによって、雑菌の繁殖を抑え、除去することができます。また、乾燥させることによって、シューズの湿度を無くすことが目的になります。雑菌にとっては湿度は栄養分のようなものですので、乾燥させることは非常に有効な消臭効果があります。

紫外線を浴びせることが目的ですので、直射日光を浴びさせるようにしましょう。

② 水洗いをして清潔にする

洗濯機のボタン

やはりシューズは綺麗にするには洗うのが良いです。手洗いで隅々まで洗い流せますし、洗濯機を利用してもかまいません。

大切なのは汚れを落とすだけではなく、しっかり雑菌を除去することです。

ナースシューズを洗う場合には以下の手順で行いましょう。

①まずは水で軽くすすいでからワイドハイターをシューズの中に少量つける

②数分間(約10分)は放置しておく

③最初につけたワイドハイターを洗い流す(軽くでOK)

④洗濯用の固形洗剤(石鹸OK)をシューズに塗る

⑤タワシなどのブラシで汚れを落とす

⑥水で洗剤等を洗い流す

⑦1足づつ洗濯ネットに入れる(あくまでも1足づつ!)

⑧洗濯機に入れて脱水をする(5分程度)

⑨天日干しで乾かす

③ 市販の消臭スプレーをかける

市販されている消臭スプレーを吹きかけるのも消臭には有効な方法です。

でも、あくまでも一時しのぎの消臭になりますので、根本的な解決にはなりません。そのため、消臭スプレーを使用する場合には、抗菌作用のあるものを使用することをお薦めします。

あくまでも臭いの原因は雑菌の繁殖にありますので、抗菌しなければ意味がありません。雑菌を除去すると同時に抗菌できるスプレーであれば、効果は充分に期待できます。

④ 乾燥剤をシューズ入れておく

乾燥剤

乾燥剤をシューズの中に入れておくことによって、雑菌の繁殖を抑制することができます。臭いの原因となる雑菌は、汗などで湿った環境が好きなので湿度を下げて乾燥させることは有効な臭い対策になります。

乾燥剤はできる限りシューズを使用していないときは、常に入れておくと良いです。消臭スプレーと併用すると、さらに効果がありますのでお薦めです。

⑤ 10円硬貨をシューズに入れておく

10円硬貨

10円硬貨は「銅」でできています。銅には「銅イオン」という殺菌効果があり臭いを抑制する作用があります。そのため、シューズを使用しないときに、10円玉硬貨を入れておくと消臭効果があります。

ポイントとしては10円玉硬貨を1枚だけではなく、数枚入れておくと効果的です。

⑥ 新聞紙をシューズに入れておく

積み上がった新聞紙

新聞紙には水分を吸収することに有効で、雑菌の好きな湿度を抑える効果があります。新聞紙を適度な大きさに丸めて、シューズの中に入れておきましょう。

新聞紙には水分を吸収することだけでなく、インクによってバクテリアの繁殖を抑制し消臭する効果もあります。

水分を吸収し臭いの原因である雑菌も抑制することができるので、新聞紙をシューズに入れておくことは非常に有効な消臭方法になります。

⑦ 炭をシューズに入れておく

黒い木炭

炭にも消臭をする高い効果があります。炭は新聞紙と同様に水分を吸収し雑菌の繁殖を抑制する効果があるのです。

効果は半年くらいは続くといわれています。効果がなくなってきたら、炭を天日干しにすると効果が戻ります。

ナースシューズのように毎日の業務に使用して、汗や汚れが着きやすい場合には特に効果がある方法です。

まとめ

看護師にとってナースシューズやナースサンダルは、日々の業務で使用する大切な道具です。とりわけ看護業務は立ち仕事も多く、1日でかなりの距離を歩きます。

そのため、普段の生活で使用する靴よりも、劣化しやすい傾向があります。

ナースシューズの臭いは雑菌が原因ですので、雑菌を抑制することが重要になります。雑菌は汗などの水分を好みます。そのため、雑菌の繁殖を抑えるには、常に乾燥した状態をキープすることがポイントになります。

上記で紹介した7つの消臭に有効な方法は、1つだけ行うのではなく併用することで効果が増します。

衛生的な環境を求められる看護師は、ナースシューズなどの身の回りのものを清潔に保つことが大切です。

定期的なメンテナンスと同時に、必要があれば出来るだけ小マメに買い換えるようにしましょう。同僚や患者さんは意外と見てます。

看護師のバーンアウト~燃え尽きるまで働くナースたち

2017.09.16

【新人看護師】離職率7.8%~1年目の離職理由はリアリティショック

2017.06.21
スポンサーリンク