【新人看護師】離職率7.8%~1年目の離職理由はリアリティショック

夜桜を花見する女性の後ろ姿
スポンサーリンク




新人看護師の離職率は、看護職全体の離職率に比べて決して高くはありません。しかし、新人看護師は入職してから、1年目のわりと早い段階で1度は離職を考える傾向にあります。この傾向は今に始まったことではなく、多くの人が新人時代に経験する一人前になるための過程です。

それではなぜ新人看護師は仕事を辞めたくなるのでしょうか。データに基づいて分析してみましょう。

新人看護師の離職率は看護師全体の平均より実は低い

意外に思う人もいるかもしれませんが、新人看護師(新卒看護師)の離職率は看護師全体の離職率よりも低いです。以下が看護協会が2017年4月に公表した過去5年間における離職率の推移になります。

常勤看護師新卒看護師
2011年10.9%7.5%
2012年11.0%7.9%
2013年11.0%7.5%
2014年10.8%7.5%
2015年10.9%7.8%

公益社団法人日本看護協会調査 対象:全国の病院8,469施設 有効回答3,549施設

 新人看護師の離職率は、だいたい7.5%~7.9%の間で横ばいの傾向にあります。10年ほど前には9%を超えていたことを考えると、新人看護師研修プログラムなどの取り組みが、一定の効果があったことが読み取れます。
とはいえ入職も間もない新人看護師が、7.8%も1年目で離職するという現実は決して軽視すべきものではありません。ある程度の経験を積んだ看護師とは違い、まだ経験も浅く実践経験も未熟な看護師の離職は、病院を辞めるということだけでなく「看護師そのもの」を辞めてしまうことにもなりかねません。
スポンサーリンク

小規模な病院ほど新人看護師の離職が多い

2016年の看護協会における調査では、小規模な病院ほど看護師の離職が多く、とりわけ新人看護師の離職率は顕著なことがわかっています。

病院規模と離職率の関係は以下のとおりです。

 

回答病院数常勤離職率新卒離職率
99床以下74112.3%13.9%
100~199床98912.2%10.1%
200~299床45611.4%8.4%
300~399床34511.0%8.0%
400~499床23510.2%7.8%
500床以上28810.2%7.0%
公益社団法人日本看護協会調査 対象:全国の病院8,469施設 有効回答3,549施設

新人看護師の離職。最大の理由はリアリティショック

リアリティショックとは新たに職務についた新人が、理想と現実のギャップに衝撃を受けたり、期待とのギャップに苦悩することです。

教育現場と実際の現場とのギャップに苦しむ新人たち

新人看護師の多くが入職してから苦労することの1つに、教育で学んできたことと実際の現場とのギャップがあります。前述した看護協会における離職率の調査でも、新卒の看護師が離職する理由として教育と現場のギャップをあげています。

また、新人の看護師は1つのミスや失敗を必要以上に重く受け止める傾向にあり、

「失敗」→「向いてない」→「辞めたい」

という感情に陥りやすい傾向もあります。当然ながらミスは医療事故に繋がる可能性があるため、容認できることではないかもしれません。

しかし、ミスや失敗をせずに一人前の看護師になった人がどれだけいるでしょうか?

ミスや失敗は繰り返さないことに意味があります。インシデントを起こしてしまったなら、再発を防止するための努力を個人としても組織としても取り組むべきことです。大切なのは向き不向きの判断ではなく、失敗から学ぶことなのです。

「怒られた」と受けとめるか「教えられた」ととるか

新人看護師にとって入職してからの日々は怒涛のような毎日でしょう。学ぶべきことも多く、業務も多岐にわたり、ときには先輩に叱られることもあるでしょう。そのたびに一喜一憂し、落ち込んでは決意しなおす。そんな日々が続いて、季節は春から夏になり、もはや季節感も感じられないほど必死になるかもしれません。

日々の業務でおきる様々なことに心が揺れ、ときに悔しい思いをするかもしれませんし、涙が出る日もあるかもしれません。

しかし、発想の転換も必要です。

先輩に叱られて「教えてくれている」と受けとめるか、ただ「怒られている」と受けとめるか。そういった受けとめ方1つ、心の持ちようによって現実の受けとめ方も変わります。先輩の叱咤から何を学ぶか。起こしてしまった失敗から何を学び、再び起こさないようにするか。

それは自分次第です。

新人看護師が陥りやすい感情として、失敗した時や先輩に叱られた時に「自分は看護師に向いていないのではないか」と思い悩む傾向があります。

その答えは貴方の中にあるのであって、誰も答えを持っていません。

ただ1つ言えることは、

本当に看護師に向いていない人は、「自分は看護師に向いていない」と悩んだりしない人です。つまり、自分が看護師に向いていないと悩むこと自体、例えまだ未熟であっても「看護師」なのです。

【新人看護師】インシデント~辞めたいと思う前に

2017.09.21

看護師のバーンアウト~燃え尽きるまで働くナースたち

2017.09.16
スポンサーリンク