インシデントの意味とアクシデントとの違い

割れたコップ

スポンサーリンク



インシデントの意味と定義、アクシデントとの違いとは?

インシデントとは「事件(ミス)」アクシデントとは「事故」です。

事件(ミス)があったが事故に至らなかった場合がインシデントであり、事件(ミス)が事故に至った場合がアクシデントということです。また、重大インシデントとは国が認定するもので、主に旅客機や鉄道など多くの人々の健康や生命に甚大な損害を与えかねない事象のことです。最近では機体や列車の損傷や故障等によって大事故に繋がる可能性のあった事象や状態をさす場合が多くなっています。

医療機関の場合には、ミスをしたけど患者に影響は無かった場合をインシデントといいます。医療現場では「ヒヤリハット」とも呼ばれています。ただ本来インシデントとヒヤリハットは同義ではありません。

インシデントをヒヤリハットだと思っている人々

2017.10.05
一方で医療機関におけるアクシデントとは、直接患者に影響があったミスのことです。
この場合は「医療事故」と呼ばれます。そしてミスを「医療過誤」といいます。
 
厚生労働省はインシデントを次のように定義しています。
日常診療の場で、誤った医療行為などが患者に実施される前に発見されたもの、あるいは誤った医療行為などが実施されたが、結果として患者に影響を及ぼすに至らなかったもの
スポンサーリンク

インシデントとアクシデントの例

インシデントとは何かについて看護師を例に解説します。

インシデントの例

看護師が間違った薬剤を患者に投与しようとしたが、同僚の看護師がミスに気づき指摘したので、間違った薬剤を投与しなかった。この場合はインシデントとなります。

アクシデントの例

看護師が主治医の指示を誤認して、誤った薬剤の投与を行った。それによって、患者の容体が悪化した。この場合はアクシデントになります。

 

次の表が影響に基づくインシデントとアクシデントの分類レベルになります。

影響レベル

分類

傷害の程度

継続性

内容

レベル0

インシデント

なし

一過性誤った行為が発生したが、患者に実施されなかった

レベル1

なし

誤った行為を患者に実施したが、患者に影響は及ぼさなかった

レベル2

軽度

行った医療または管理により、患者に影響を与えた

レベル3a

アクシデント

中等度

行った医療または管理により、本来必要でなかった簡単な治療や処置が必要になった

レベル3b

高度

永続的行った医療または管理により、本来必要でなかった治療や処置が必要となった

レベル4

中等度~高度

行った医療または管理により、永続的な障害が発生した

レベル5

高度

行った医療または管理が原因で患者が亡くなった

その他

自傷行為、クレーム、盗難、発注ミスなど

 

この表で注意が必要なのは、「レベル3a」と「レベル3b」の扱い方です。レベル3aとレベル3bはアクシデントに分類されていますが、どちらも行った医療または管理によって、患者に影響を及ぼしたり、本来必要のなかった治療や処置が必要となっています。

しかし医療機関によっては、レベル3aまでをインシデントとしている場合もみられます。

アクシデントの定義によると「ミスをして患者に影響があった」ということになります。しかしレベル3aとレベル3bは同様に患者に影響を与え、治療や処置を要しています。

違いは「簡単な」処置や治療を要したか否かということであり、何が簡単で何が簡単ではないか定義が曖昧です。

また、一過性と永続的という意味でも異なります。

この表でわかるように、インシデントとアクシデントの境界は曖昧であり、本来の意味である「事件(ミス)」と「事故」との境界ともズレがあります。

そのため、医療機関ごとにインシデントとアクシデントの境界に対して線引きを行い、何をインシデントとして取り扱うのか、何をアクシデントとして扱うのかを組織の中で話し合っておくことが大切です。

ハインリッヒの法則とは~ヒヤリハットの統計的な経験則

2018.03.25

まとめ

インシデントとは事故に繋がらなかった事件(ミス)であり、アクシデントとは事故に繋がった事件(ミス)のことです。

医療においてはインシデントとアクシデントの基準は曖昧であり、組織ごとにインシデントの取り扱いについての確認をしましょう。

また、再発防止に役立てるために、インシデントやアクシデントについて報告する制度の整備が大切です。

ヒヤリハットとは何か~その意味と定義を事例と法則をつかって解説

2018.03.20

【医療安全】安全とはなにか~安全管理と対策への取り組み

2018.01.21

インシデントレポートの書き方と書式

2017.05.27

インシデントレポートの目的は再発防止のため

2017.05.26

スポンサーリンク